ローンの借り換え

ローンの借り換え

ローンを借り換える?

現時点で担保にどのくらいの価値があるかは、ローンの借り換え時に大事です。ローンを借り換える時には、金融機関が担保の評価を含めた審査をするということになります。

 

不動産担保の評価では、不動産鑑定士による地価や、立地条件を含めて判断を行います。担保となる住宅や土地などの評価額が今現在いくらぐらいになるかを計算したものです。

 

ローンの借り換えの際には、この担保評価が必要になります。担保評価を元にして金融機関は融資の額を決める為です。担保に当時ほどの価値がつかず、融資を希望しても担保がつりあわない、いわば担保割れの状況も起こりえます。

 

担保の評価額が低ければローンも借りづらくなりますので、借り換えが困難になります。担保評価額は、地価の影響を大きく受けます。近年では全国的に地価が下落傾向にありますので、ローンの借り換えを希望しても、思うようにいかなかったりもします。

 

最近は多くの金融機関において担保割れを起こしている場合でも、担保評価額の200%までは融資が可能という金融機関もあり、借り換えができるケースもあるようです。担保割れしている物件の借り換えの場合は、貸し手の金融機関もそれなりのリスクを負う事になります。

 

金融機関は、担保割れしている物件の場合はリスクを負う代わりに、審査が厳しくなる傾向があるようです。

借り換えの審査

ローンには審査がつきものです。借り換えローンに際しても、審査で借りられるかどうかがわかります。

 

借り換えを行う時には、審査は前より難しくなると考えていいでしょう。金融機関にとっても、融資を行うかどうかの見極めはとても大事です。現時点で、他社から借りているローンがどのくらいあるかや、過去に返済を滞らせたことがないかなど、細かな点までチェックした上で、審査の結果を出すところが多いようです。

 

ローンの支払いが増えていないか、支払い遅延や自己破産などのトラブルを起こしていないかがチェックされます。他にも担保になる物件を持っていないかどうかも借り換えの審査の時には確認されるようです。借り換えの担保である住宅の審査もかなりシビアに査定されます。借り換えを希望しているものの、以前と比較すると大幅に中古住宅の価値が下がり、担保割れしていることもあります。

 

ローンの借り換えをしたくても、担保評価額が低すぎることもあります。審査の結果、希望額までの融資ができなかったという人は、少ない借入金額で妥協するか、他の金融機関からの借り換えを検討することになります。

 

最近は金融機関によっては、ローンの借り換えの際に、担保割れ物件でも、担保評価額の200%以上の融資してくれる所もあるようです。最初にローンの借り換えを申し込んだ会社がだめなこともあります。あきらめずに次のローンの借り換えができる金融機関を探してみることをおすすめします。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ