消費者金融

消費者金融からの融資

消費者金融と銀行の融資

資金繰りに困ったらお金を借りなければなりません。銀行と消費者金融は、お金を借りる時にどのような違いがあるものなのでしょう。

 

どちらもお金を貸すという行為は同じですが、細かいところでは違いがあるものです。消費者金融と銀行は、金融業としてのありかたが違います。銀行は信用できる相手を厳選し、少数の人に高額融資をするのが目的で、消費者金融は信用することを前提にたくさんの人に少額融資をしています。

 

銀行は、申込み者一人一人を入念に審査し、審査の基準に見合わない人には融資をしません。家や車を買うためや、事業資金のために借ります。返済ができなくなったときのために、土地は建物を担保に取ったり保証人を立てなければなりません。

 

銀行系は、消費者金融よりもずっと低い金利でお金が借りられます。消費者金融は銀行よりも審査が比較的簡単で、即日に融資を受けることも可能です。借入可能な金額はそれほど多くはなりませんが、保証人や担保がなくとも借りられます。

 

貸付条件は申込み者の信用によります。利子も消費者金融で融資を受けた場合は日数計算されるうえ、銀行よりも高くなります。銀行と消費者金融の融資はそれぞれ特徴がありますので、どちらからの融資が借りやすいか、収入の安定性や、将来の見込み等に基づいて決めましょう。

消費者金融を利用するメリットって?

融資を受ける場合、銀行や消費者金融を利用することになります。融資を消費者金融で受けるときは、銀行にくらべてどんな有利な点があるでしょう。

 

今はたくさんの消費者金融がさまざまなサービスをアピールしていますが、もっとも有名なのが即日融資というサービスです。審査が短時間で終わるため、手続きをして数時間後に融資のお金を受け取ることができます。

 

消費者金融のいいところに、スピード融資があります。消費者金融の即日融資のメリットは、融資を受けられるまでの早さです。手続き日に融資のお金を降りこんでもらえますので、早いうちにお金を得る必要があるという場合でも使えるでしょう。

 

銀行などで融資を申し込んだ場合には、早くても数日、遅いと1週間程度近くかかります。消費者金融は、今日明日じゅうにお金を用意しなければならないという人に向いています。即日融資は短期の借り入れが目的のサービスなので、審査もそれほど細かいところまではチェックしません。

 

申込みから審査までの時間がとても短く、融資を受ける段階までいくことは簡単になってきています。借りる方法も今はインターネットはスマートフォンなどから簡単に申込みすることが可能です。実店舗まで行って融資の手続きをしなくても、消費者金融の申込みができることは大きな点といえます。

消費者金融を利用するデメリットって?

消費者金融を利用すれば簡単にスピーディーに融資を受けることができるので大変便利なのですが、デメリットはないのでしょうか。消費者金融は融資が早いことがメリットですが、その一方で、気にしておきたいことがあります。

 

金利の高さです。即日融資の借り入れにつく金利は違法ぎりぎりの高さなのです。手続きが簡単で、その場の勢いででも消費者金融系キャッシングは利用してしまいそうですが、金利面からみればそうもいきません。

 

厄介なのは消費者金融会社はその事実を巧みに隠しています。消費者金融会社の説明を受けていると、金利は低くはないけれど、利息のつきかたは少ないので安心というニュアンスです。数少なくみせるような言葉を広告などに多用し、いかに手軽に融資を受けることができるかということばかり強調しています。

 

よくよく探さないと、金利や返済についての説明は見つけられないということもあります。消費者金融会社から融資を受ける場合には、マイナス部分をいかに見つけられるかがポイントになってくるのです。顧客を増やし、融資の機会を多くして、返済時につく利息を得る機会を増やすことが、消費者金融会社の目的です。

 

融資を受けたい側は簡単に早く借りられることを望んでいるので審査が簡単で、スピードの早い消費者金融会社の融資を金利をよく見ずに利用してしまうことが多いのです。金利面や、返済までの見通しをもう一度検討仕直し、無理な融資は受けないことが、消費者金融から融資を受ける時には必要です。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ